目の下のクマ 原因 青クマ 原因

青クマの原因は血行不良だけじゃない!青クマが消えない理由が判明!

投稿日:

目の下に青クマができていると、鏡をみるのが嫌になっちゃいますよね。

私もしっかり寝ているのに青クマが治らないで…それがとてもコンプレックスでした

もし、あなたが過去の私みたいに、目の下の青クマで悩んでいるのであれば、

目の下のクマがなくなるだけで、どれだけ自分に自信が持てるか!

メイクで隠す手間もなくなり、どれだけ楽になるか!

というふうに思いませんか?

私は長い間、目の下のクマなどを含めてお肌トラブルに悩んできた経験があります。

そんな私ですが、少しでも同じ悩みを抱えている方の力になりたいと思い、今はスキンケアアドバイザーの仕事をしています。

そこで、このサイトでは青クマで悩んでいるあなたのために

  • 青クマの原因(血行不良)
  • 青クマの原因(血行不良じゃない)
  • ひどい青クマを治す方法

について解説していきます。

しっかりと原因を知ってケアすることで、寝ても治らない青クマを治すことができますよ!

目の下に青クマができる原因とは?

目の下に青クマができる原因は、多くの方が「血行不良」が原因だと考えていますが、それだけではありません。

クマができる原因は血行不良だけじゃないんだね

そこで、対策を知る前に、まずは目の下にクマができる原因をしっかりと見ていきましょう。

青クマができる原因1:血行不良によって起こる

まずは、青クマができる原因の中でも最も多い「血行不良」について解説していきます。

血行不良になると目の下に老廃物が溜まり、「ドロドロした青黒い血液」になってしまいます。

青クマは、この「ドロドロとした青黒い血液」が透けてみえる状態なんです。

内出血を起こすと血液が透けて「青黒く」見えるように、目の下も血行が悪くなることで透けて見えるようになるというわけです。

どうして「血行不良」になるの?

血行不良が起こる原因とは

  • 寝不足
  • 眼精疲労
  • 身体に疲労が溜まっている
  • 冷え性
  • ストレスを抱えている

などがあります。

つまり「生活習慣」「冷え」「乾燥」が青クマの根本的な原因というわけです。

つまり「寝ても寝てもクマが治らない…」という方は、「寝不足」が原因じゃないというわけですね。

一つづつ詳しく解説していきますね!

睡眠不足

寝不足だけが原因ではないといっても、青クマができているのは寝不足が関係している場合も多いです。

しっかりとした睡眠をとっていないと、血液の流れが悪くなり「青クマ」になってしまいます。

理想的な睡眠時間は人によって様々ですが「7〜8時間」しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

そんなに睡眠時間を取れないよ…という方は、睡眠の質を上げるようにすることがオススメですよ!
眼精疲労

スマホやPCなどを使うことが多くなり、毎日目が疲れているという方が増えています。

慢性的な眼精疲労は、「クマ」「充血」「目のかすみ」「目が疲れて重たい」といった目のトラブルを引き起こします。

また、目のトラブルだけじゃなく、「肩こり」「頭痛」「めまい」「吐き気」などを引き起こす原因にもなります。

眼精疲労の原因を知って、眼精疲労にならないように心がけましょう。

眼精疲労が起こる原因

  • PCやスマホの使いすぎ
  • ドライアイ
  • ストレスによる血行不良
  • 老眼が進んでいる
  • メガネやコンタクトの度が合っていない
身体が疲れている

クマができる原因は、目の疲れだけじゃなく、身体の疲れている場合もあります。

「青クマ」は、血行不良が原因と解説しましたが、身体全体の血液の流れが悪くなることで、目の下にも「青クマ」となって現れます。

身体に疲れがたまると、血行が悪くなるので、ゆっくりお風呂に浸かるなど身体の疲れをとってあげることが大事ですよ!
冷え性

冷え性は、身体の血の巡りが悪くなり、青クマができる原因になります。

特に冬にクマができやすいのも、身体の冷えによって血液のめぐりが悪くなるためです。

冷え性の原因を知り、身体が冷えないように心がけましょう。

冷え性の原因

  • 冬など寒い環境下にある
  • 筋肉量不足による血液循環の乱れ
  • ストレスによる血行不良
ストレス

人間はストレスを感じると、筋肉が緊張状態になります。

緊張状態が長い間続いていると、血管が収縮したままの状態が続き、血液のめぐりが悪くなるのです。

また、ストレスを感じると、ストレスを緩和するアドレナリンを分泌するようになります。

このアドレナリンは、血液の流れを悪くする原因になります。

ストレスは眼精疲労、クマ、冷え性などの原因になるので、ストレスを溜めないように心がけましょう。

以上が血行不良によって起こる青クマの原因です。

しかし、青クマができる原因は、血行不良だけじゃありません。

青クマができる原因2:目の下の皮膚痩せによって起こる

目の下皮膚痩せ

目の下の皮膚は他の皮膚に比べて非常に、薄く刺激に弱いです。

そんなデリケートな目の下の皮膚は、刺激を受けることで「皮膚痩せ」を起こします。

皮膚痩せとは、お肌を作っている「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」「繊維芽細胞」などが減少することで、皮膚が痩せて薄くなることです。

また、中でもお肌の元となる「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出す「繊維芽細胞」と呼ばれる細胞が重要です。

黒クマ原因

皮膚痩せすることで、「目の下の血管が透けて」青クマになります。

なんで「皮膚痩せ」を起こすの?
目の下の皮膚が薄くなる原因は
  • 加齢
  • 紫外線
  • 乾燥

以上の3つが原因です。

一つづつ詳しく解説していきますね!

加齢

お肌の形成している「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」「繊維芽細胞」は加齢によって減少していきます。

下の画像をみると分かるのですが、20代をピークに減少していきます。

20代はお肌の曲がり角と言われるの原因んですね。

黒クマ原因

しっかりと対策しないと…

紫外線

紫外線は「シミ」の原因だと思っている方も多いですが、「皮膚痩せ」を起こす原因にもなります。

というのも、紫外線には2種類「UV-A波」と「UV-A波」が存在し、それぞれ「シミ」と「皮膚痩せ」を引き起こす原因になります。

  • UV-A波・・・シミの原因となる「メラニン色素」を生成
  • UV-B波・・・皮膚痩せ原因となる「コラーゲン」などを破壊

黒クマ原因紫外線

紫外線によって「コラーゲン」などが破壊されると、お肌が「皮膚痩せ」を起こし、青クマの原因になります。

乾燥

目元が乾燥してしまうと「お肌のバリア機能」が低下し、紫外線などの刺激を受けやすい状態になります。

黒クマ原因乾燥③

バリア機能が低下すると、皮膚痩せの原因になる「紫外線」の影響をより受けやすくなってしまいます。

しっかりと保湿を行い、バリア機能を高めましょう!

 

目の下の青クマの原因まとめ

ここまで、青クマの原因について解説してきましたが、いかがでしたか?

青クマの原因は「血行不良」と「皮膚痩せ」が原因だということが分かりました。

こちらの記事で、青クマの治し方について解説していますので、チェックしてください!

青クマの治し方まとめ

-目の下のクマ 原因, 青クマ 原因

Copyright© 目の下のクマを治す7つの方法|【自宅で簡単】に改善したいあなたへ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.