目の下のクマを治す方法 茶クマ 治し方

老けて見える茶クマの治し方|目の周りの色素沈着を簡単に自宅で改善!

更新日:

茶クマが酷くて老けてみえるようになった…

茶クマのせいで暗い印象を与えてしまう…

どうにか茶クマを治したい!

しかし、周りの声を聞いてみると

「寝ても寝てもクマが消えない…」

「何をやってもクマが消えない…」

といった不安な声をよく聞きます。

そこで、この記事では「茶クマが出来る原因」や「茶クマの治し方」などまとめてご紹介したいと思います。

 

※この記事はスキンケアアドバイザー監修の記事です。

スキンケアアドバイザーは「女性のお肌の悩みのスペシャリスト」最適なケア方法を提案するコンサルタントです(※日本化粧品検定協会参照)

初めまして!アイケア担当のスキンケアアドバイザーのまなみです。

この記事では、茶クマの治し方をご紹介しますので、あなたに合う方法を見つけてくださいね。

この記事でわかること

  • 気になるからこそ事実を知っておきたい。茶クマが与える印象?
  • しっかり寝ているのになんで茶クマが治らないんだろう…原因をしっかりと知っておこう
  • 茶クマを治して明るい目元に!茶クマを改善する対策

 

老けた?目元の第一印象は「目」で決まる!

いつまでもきれいな女性でいたい。女性ならそう思う人も多いですよね。

私もちょっとでも若くみられたい!

若さを保つ上で、中でも重要なのが「目」だと言われています。

見た目の印象を決めるパーツは「目」が「7割」

第一印象は見た目が「9割」と言われていますが、印象を決める顔のパーツはどこなのでしょうか?

ということで、「見た目の印象を決める上でどこが一番大事?」というアンケート結果を見ていきたいと思います。

結果はこちら

目のクマが与える印象参考:女性の顔の印象パーツ WEBアンケート

なんと「目」で見た目の印象を決める人は「7割」を超える結果ということが分かりました。

他にも「9割」を超えているアンケート結果もあり、見た目の印象で最重要なパーツは「目」だということは間違い無いですね。

私も目で判断しているかも。

中でも注目なのが、目元の悩みで一番多いのが「クマが目立つようになった」ということが分かりました。

色素沈着によって起きる「茶クマ」を、しっかりケアしてあげることで解消しましょう!

茶クマがあるだけで「4.7歳」老けて見える!?

見た目の印象を決める上で最も重要なパーツは「目」で「クマが目立つ」という悩みが多いことが分かりました。

茶クマがひどいと、相手に以下のような印象を与えてしまいます。

  • 「実際の年齢より老けて見える」
  • 「暗い印象を与える」
  • 「疲れている印象を与える」

そんな茶クマですが、どれぐらい老けて見えるのでしょうか?

ということで、「茶クマがある女性は何歳ぐらい老けて見えるのか?」というアンケート結果をご紹介したいと思います。

クマを解消する「前」と「後」で年齢を5,000人に聞いた結果

目のクマ印象

平均してクマがあると「4.7歳」老けて見えるというアンケート結果になりました。

確かに鏡で自分の顔をみると「老けてみえる」かも
クマが与える印象は大きいです。
しっかりとケアして「クマを解消」してあげることで、人に与える印象が変わりますよ。

 

茶クマが出来る原因はなに?

実年齢より「老けて見える」クマですが、茶クマが出来る本当の原因を知っていますか?

しっかりと茶クマを治すためにも「茶クマが出来る原因」を知ることから始めましょう。

茶クマは色素沈着が原因だって聞いたけど本当なのかな?

茶クマは目の下に「シミ」ができている状態です。

つまり、顔のシミやそばかすと同じように「メラニン色素」が原因です。

なぜメラニン色素が分泌されるのか?なぜ沈着してしまうのか?そのメカニズムについて解説していきますね!

茶クマが出来る3つの原因とは?

茶クマの原因は「メラニン色素」です。

つまり、メラニン色素の分泌を抑えることができれば、茶クマを解消することもできます。

そこで、メラニン色素が分泌される主な原因について解説していきます。

茶クマが出来る主な3つの原因

  • 紫外線
  • 外部からの刺激(摩擦など)
  • メイクの洗い残し

一つづつ解説していきますね!

紫外線

メラニン色素と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「紫外線」だと思います。

お肌は紫外線を浴びることで、お肌を守ろうと「メラニン色素」が排出され、徐々に色素沈着を引き起こし「茶クマ」となってしまいます。

茶クマ原因紫外線

しっかりと、UVケアを行うことで「茶クマ」を予防することができます。

すでにできた茶クマに効果があるというより、UVケアは予防として有効だね!
目元は非常にデリケートな部分なので、UVケアはお肌に優しいものを使うようにしましょう!

外部からの刺激(摩擦など)

紫外線の他にも、外部からの刺激を受けることで、お肌を守ろうと「メラニン色素」が排出されます。

主な外部からの刺激

  • 目をこする(花粉症の方は要注意)
  • 洗顔やクレンジングによる摩擦
  • アイメイクによる刺激

お肌に優しいクレンジングや洗顔料に変えたり、アイメイクを控えたりすることで、茶クマの予防に繋がりますよ。

また、朝起きた時に「目をこする」方は、目をこするのを辞めるようにしましょう!

しかし、夜寝ている時に無意識に擦っている場合もあるので、スキンケア対策なども行うようにすると茶クマを解消できますよ。

これも予防効果の方が大きい感じだね!
普段からお肌に刺激を与えないように心がけましょう!

メイクの洗い残し

実はメイクの洗い残しも、茶クマの原因になります。

クレンジングや洗顔が不十分だと「古い角質」や「メイク」がお肌に残ってしまい、時間が経つにつれて「くすみ」に変化していきます。

つまり、目元が汚れによって「くすみ」茶クマに見えてしまうというわけです。

洗顔やクレンジングを入念に行なったり、アイメイクリームバーを使うことで、くすみ(茶クマの原因)を予防することに繋がります。

メラニン以外に、くすみも原因なんだね!
しっかりと、メイクオフするようにしましょう!
しかし、洗い残しを防ぐために、ゴシゴシするのは危険なので注意してくださいね。

 

なぜ、お肌を守るメラニン色素が茶クマになるの?

ここまで、メラニン色素が排出される主な原因について解説してきましたが、メラニン色素は悪いという訳ではありません。

メラニン色素は「外部からの刺激」からお肌を守る働きがあります。

しかし、外部からの刺激「紫外線や摩擦」を受けすぎると、メラニン色素が過剰に分泌されてしまいます。

通常であれば、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)によって、メラニン色素が体外に排出されます。

しかし、加齢やストレスなどによってターンオーバーが乱れることによって「メラニン色素」の排出が間に合わなくなり「色素沈着」してしまうことで、茶クマやシミになってしまいます。

ターンオーバー

ターンオーバーが乱れる原因は「加齢」や「ストレス」によります。

「加齢」や「ストレス」を無くすには難しいですが、しっかりとスキンケアを行うことで「ターンオーバーを促進」させることが出来るので安心してくださいね!

 

茶クマの治し方の種類を解説

茶クマを治す方法は、いくつか存在します。

主に茶クマを治す方法は、大きく3つです。

茶クマを改善する3つの方法

  1. 民間療法
  2. アイクリーム(スキンケア)
  3. 美容外科、皮膚科に通院する
種類民間療法アイクリーム病院
対策UVケア / 刺激を減らす / クレンジング改善アイクリームケア美容整形 / 皮膚科
効果
即効性×
副作用×
費用×
期待できる効果メラニン色素が出ないよう予防ターンオーバー促進
メラニン色素の分泌を抑制
シワ・たるみ・乾燥改善
ターンオーバー促進
メラニン色素の分泌を抑制
シワ・たるみ・乾燥改善
メリット予防効果に期待できる効果が高い
費用が安い
自宅でケア出来る
即効性がある
効果が高い
デメリット効果を実感しにくい即効性がない費用が高い
副作用のリスクがある

民間療法については、あまり効果を実感しづらいので、あくまでも「予防対策」としての試してみるのがオススメです。

病院での治療は、高い効果を実感できるので「高額な費用」や「副作用のリスク」に抵抗がない方は試してみてもいいかもしれません。

まずは、安心して手軽に始められる「アイクリーム」で茶クマを改善していくのがオススメです。

次の章から、それぞれの対策について詳しく解説していきます。

病院に通うお金も時間もないし、アイクリームから試してみるのがいいかも!

茶クマを改善する民間療法とは?

ここまで解説してきた以下の「茶クマの原因」

  • 目をこする(花粉症の方は要注意)
  • 洗顔やクレンジングによる摩擦
  • アイメイクによる刺激

以上を改善することは、すでに出来てしまった茶クマには、あまり効果を期待できません。

予防効果としてオススメなので、お金をかけたくない場合には試してみてもいいかもしれませんね!

しかし、民間療法を行う場合に気をつけなければならないのが、効果がなくても茶クマ対策として紹介されている場合があります。

茶クマに効果がない民間療法とは?

「寝ても茶クマが消えない…」
「何をやっても茶クマが消えない…」

とあなたが思っている場合は、正しく茶クマを理解しておらず「間違ったケア」を行ってしまうので注意してくださいね。

ここまで説明したきたように「茶クマの原因」 = 「メラニン色素 / くすみ」です。

つまり、以下のケアを行っても決して「茶クマ」は改善されないので注意してくださいね!

  • 睡眠不足を解消する
  • 蒸しタオルで温める
  • 目元をマッサージする

これらは、あくまでも血行不良が原因である「青クマ」に効果がある方法です。

メラニン色素が原因で出来る「茶クマ」には効果がありません。

それだけでなく、マッサージなどは余計な刺激を与えてしまい「茶クマが悪化」する危険もあるので、注意が必要です。

ただ、睡眠不足は茶クマの原因になる「ターンオーバーの乱れ」にも繋がるので、しっかり睡眠を取りましょうね!

茶クマ改善に一番オススメなアイクリーム

「寝ても茶クマが消えない…」
「何をやっても茶クマが消えない…」

とあなたが思っている場合は、「アイクリーム」で茶クマを治すことができます。

茶クマの根本的な原因は「メラニン色素の沈着」が原因です。

メラニン色素が沈着してしまうのは

  • ターンオーバーの乱れ
  • 目元の乾燥
  • メラニン色素の過剰な分泌

が原因です。

つまり、「ターンオーバーの促進」「保湿ケア」「メラニン色素の生成を抑制」することで、茶クマを解消することができます。

目の下のクマに特化した「アイクリーム」の効果とは?

アイクリームは成分によって効果が変わるのですが、茶クマを解消したい場合は、以下の効果がある「アイクリーム」を選ぶことがオススメです。

  • ターンオーバーを促進する効果
  • 目元を保湿してくれる
  • メラニン色素の生成を抑える効果

目元の悩みには「クマ」「しわ」「くすみ」など色々あるように、アイクリームにもそれぞれ特徴があります。

この記事では、クマに特化した「アイクリーム」を紹介しているので、参考にしてくださいね。

まずは、それぞれの効果について詳しく解説していきますね。

ターンオーバーを促進する効果とは?

アイクリームには「ターンオーバー」を促進する成分が配合されています。

中でも効果を実感できるのが、厚生労働省からメラニン色素に効果があると認可されている「ビタミンC誘導体」が配合されている「アイクリーム」がオススメです。

ターンオーバーを促進することで「茶クマ」を解消することができますよ!

目元を保湿してくれる

目元が乾燥してしまうと「お肌のバリア機能」が低下し、刺激を受けやすい状態になってしまいます。

バリア機能が低下している状態で、紫外線や摩擦などの刺激を受けると「メラニン色素」が過剰に分泌してしまいます。

黒クマ原因乾燥③

しっかりと目元を保湿することで、メラニン色素の生成を抑えることができますよ!

保湿効果がたっぷりと配合された、「アイクリーム」を選ぶことがオススメです。

目の下のクマを治すのに適したアイクリームの選び方

アイクリームにも、色々な商品があるのでどれを選べばいいのか?分からない方も多いですよね。

そこで、目のクマに特化したオススメなアイクリームの選び方をご紹介します。

注目ポイントは以下の2点です。

  • 目元に優しい成分で出来ているかどうか
  • 返金保証がついているかどうか

市販の美白クリームは危険!目元に優しい成分がオススメ

「ターンオーバー促進」や「保湿」でケアできるなら、市販の美白クリームでも良いのでしょうか?

市販の美白クリームを目元に塗るのは危険なので、お勧めできません。

というのも、目元は非常に皮膚が薄くデリケートなので、目元に特化していない市販のクリームでは刺激が強く、トラブルを引き起こす原因になります。

しっかりと目元に使うように作られた「アイクリーム」を使うようにしましょう。

市販の美白クリームを目の下に使うのは危険なんだね…

返金保証

たとえ目元に優しいアイクリームを使っていたとしても、お肌に合う合わないがあるので、自分にあったアイクリームを選ぶようにしましょう。

また、せっかく使っても効果がなかった…とならないためにもおすすめなのは「返金保証付きのアイクリームでまず試すこと」です。

 

クマに特化したオススメのアイクリームはこちら

以上の条件を踏まえた上でオススメなアイクリームをご紹介します。

\おすすめはこれ!/

モンドセレクション金賞受賞「クマにオススメのアイクリーム アイキララ」

アイキララが選ばれる5つのポイント

  • 安心の東証一部上場企業が開発・販売
  • 目の下に特化したアイクリーム!
  • 効果に自信がある!全額返金保証付き
  • 「混合クマ」でもケアができる
  • クマだけじゃない!シワ・たるみ・乾燥にも効果◎
  • 定期縛りなしのいつでも解約OK

→ 2以降を見る

 

皮膚科や美容外科で茶クマを治す方法

「高い費用」や「副作用のリスク」に抵抗がない場合は、皮膚科や美容外科で治療するのもオススメです。

「アイクリーム」で効果を実感できない場合や、すぐに茶クマを薄くしたい場合に活用するようにしましょう。

しっかりと、費用とリスクを把握した上で判断してくださいね!

まだ、アイクリームを試したことがない方は、まずは「アイクリーム」を試してみるのがオススメです!

費用やリスクは気になるかも…

皮膚科や美容整形外科の治療法は3つあります。

  1. 薬剤治療
  2. 注入治療(ヒアルロン酸注射など)
  3. レーザー治療

以上の3つです。

1つづつ詳しく解説していきますね!

薬剤治療

茶クマを治す方法として、比較的に簡単に行うことができるのが「薬剤治療」です。

方法は簡単で「ハイドロキノン」と呼ばれる脱色剤を塗ることで茶クマの色を薄くすることができます。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンとは「肌の漂白剤」と呼ばれるぐらい非常に刺激の強い薬品で、メラニン色素の生成を抑えることで、茶クマを解消することができます。

また、還元作用もあるので、すでに出来てしまった茶クマにも効果があります。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは効果が高いので魅力的なのですが、以下のような副作用があり非常にリスクが高く危険です。

  • 赤み、かゆみ、炎症
  • 白斑(まだら模様の肌)
  • 色素沈着(茶クマの悪化)

医師の指導のもとでなければ使えないほど危険な成分なので、使う際は注意が必要です。

また、白斑と呼ばれる「白いまだら模様の肌」になってしまう可能性があるので、医師の指導を守り使うようにしましょう。

目元に塗るのは怖いかも…

注入治療

茶クマに効果的な成分を注射器を使い「直接まぶたに注入」することで、高い効果を実感することができます。

アイクリームや薬剤治療で効果を実感できない方に、注入治療はオススメです。

しかし、費用が「数十万円」と高額になり、持続性がないため常に注入し続ける必要がありるので、手間と費用の負担が大きいです。

主婦にとっては、出費がデカすぎるかも…

主な注入治療方法は5つ

  1. ヒアルロン酸注射
  2. にんにく注射
  3. プラセンタ注射
  4. 高濃度ビタミンC注射
  5. PRP療法

などがあります。

クマの種類によって、治療法が異なるので、詳しくは医師にご相談することをオススメします。

レーザー治療

最も即効性や効果があるのが、レーザー治療です。

レーザーを目元に当てることで「ピーリング」「ターンオーバー促進」などの効果で「茶クマ」を解消することができます。

しかし、費用が「数万円 / 1回」と高額な上、効果の持続性はないので再発するリスクが高いです。

再発するならやる意味ないかも…

クマの種類によって、治療法が異なるので、詳しくは医師にご相談することをオススメします。

 

茶クマの治し方まとめ

茶クマの治し方について、詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

対策方法によって、「効果の良し悪し」や、「メリット・デメリット」があるので、しっかりと自分にあった治し方を行うのがオススメです。

どれが自分に合うのか分からない方や、初めて茶クマケアを行う方は、「アイクリーム」からはじめてみることをオススメします。

中でも、オススメなのが全額返金保証付きの「ノーリスク」で試せるアイキララです。

もし、費用や副作用のリスクが気にならないのであれば、皮膚科や美容整形外科に行って治療をするのも良いかもしれませんね。

あなたが「クマ」の悩みから解消の手助けになれば幸いです。

 

-目の下のクマを治す方法, 茶クマ 治し方

Copyright© 目の下のクマを治す7つの方法|【自宅で簡単】に改善したいあなたへ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.